Chromebook C300MA 購入、ASUSクロームブックパソコン

   2017/02/18

Chromebook C300MA(ASUS)を購入しました。

この端末は(というよりChromebookは)昨年2014年7月に法人モデルが販売され、
同12月に個人モデル販売開始。
今回購入したC300MAのホワイトは新色として今年2015年1月に発売になったもの。

よって、発売から4か月しての購入になります。


<購入した理由>

新しいパソコンを買おうと思いつつ、調べてみますと、大雑把に言って
最近流行りのAtomの8インチWindowsタブレットが2~3万円、
高性能なCore iの高額モデルと、価格帯が両極に分かれている感じ。

高性能モデルは上を見ればきりがなく10万円前後で納得できるものに
決められず、その中間Celeronだと値段と性能で合わせると中途半端で
いまいちピンときませんでした。

そんな中、クロームブックのことがとある記事にあり、Celeronだけれど、
ブラウザを動かすだけだからCore i 並の高性能で使えるとありました。

そのことを先日ブログ記事でご紹介しましたが、調べていくと気になってきて、
自分が欲しくなってしまった、という流れ。(^-^;

以前の記事)
クロームブックは買いだったのか?再検証 Chromebook

他にもいくつかのブログ等でもレビューを拝見しましたが、各社のChromebookを
使ってる人の評価はよいものが多く、逆に酷評している人はほとんどいませんでした。


話が少し逸れますが、現在使用中のICONIA W4、Windowsタブレットで
タスクを増やしていくと、つまりマルチタスクの状態で動くものが増えてくると、
輪が回ったまま処理を待たされることがあり、その原因をメモリ2MBだと
推測しています。

メモリは多いほどよいでしょうが、ひとまず2MB以下は避けたかった。


まとめますと、Chromebookが、フルWindowsに比べて多少の不便がある、
ということも把握していましたが、価格が3万程度と安いこと、メモリが4MB、
Celeronだが高性能機種並の性能らしい、といったことで決めました。

あとはASUS製ということ。
今さら言うまでもなくNexus7をはじめ、数々のノートパソコン、タブレット、スマホなど、
モバイル製品で数々の実績を残してきたメーカーなだけに一定以上のクオリティは見込める、
信頼度が高い。


上記のこともありますが、単純に、これまでにない新しいガジェットである
クロームOS、chrome bookを使ってみたいという興味の対象として。

また、当ブログとしても、アメリカで急速に普及したというGoogleのChromebookを
実際に体験してみなさまにご紹介するというのは意味があると考えました。

今後の記事でレビューしたいと思います。

本記事の続き) 開封して初期設定していきます、レビュー開始
Chromebook C300MA【開封】~初期設定
Chromebook C300MA仕様スペック特徴レビュー

以前の記事)
Chromebookは買いなのか、Windowsノートパソコン、タブレット?
Chromebookが個人向け販売開始



スポンサーリンク