Chromebook Flipの新モデル3タイプ6モデル発売2017年8月

 

ASUS JAPAN株式会社からChromebook Flipの新モデルが
3タイプ、6モデル発売されます。

2017年8月中旬から発売予定。

情報ソース

ASUS、360度回転ヒンジ採用のChromebook 3製品
(PC Watch 2017年7月28日 12:59)

ASUS、Chrome OSを搭載した「ASUS Chromebook Flip」計6モデル
(CNET Japan 2017年07月28日 19時03分)

3タイプ、6モデル のChromebook Flip

10.1型液晶「Chromebook Flip C101PA」
11.6型液晶「Chromebook Flip C213NA」
12.5型液晶「Chromebook Flip C302CA」

3製品が各機種ごとに個人向け、法人向けモデルがあり、
合計で6モデル。

C101PA-RK3399(個人)
C101PA-FS002(法人/教育機関)

C213NA-N3350(個人)
C213NA-BW0045(法人/教育機関)

C302CA-F6Y30(個人)
C302CA-GU009(法人/教育機関)

スペックと価格

画面サイズが大きくなるにつれて、
価格も上昇していますが、
スペックもアップしていきます。

ASUS Chromebook Flip C101PA (C101PA-RK3399・シルバー)

「Chromebook Flip C101PA」
10.1型1,280×800ドット光沢液晶
OP1 Hexa-core(2GHz、ARM)
メモリ2GB
ストレージ16GB
262.8×182.4×15.6mm/約900g
39,800円

ASUS Chromebook Flip C213NA(C213NA-N3350・ダークグレー)

「Chromebook Flip C213NA」
11.6型1,366×768ドット非光沢液晶
Celeron N3350(1.1GHz)
メモリ4GB
ストレージ32GB
307×199×20.65mm/約1.26kg
49,800円

ASUS Chromebook Flip C302CA(C302CA-F6Y30・シルバー)

「Chromebook Flip C302CA」
12.5型1,920×1,080ドット光沢液晶
Core m3-6Y30(900MHz)
メモリ4GB
ストレージ64GB
304.4×210.2×13.7mm/約1.2kg
69,800円

GooglePlay対応

GoogleからChromebookにGooglePlayを搭載すると
公式アナウンスされて以降、いくつかの機種で
使えるようになっていますが、
2017年発売以降のChromebookに関しては、
全モデルで対応することになっています。

今回のASUS新モデルChromebook Flipも全機種で
Google Play対応となりますが、
発売時点では11.6型のChromebook Flip C213NAだけに
Google Playが搭載されるという点にやや注意。

10インチと12インチのモデルも後から対応することは
ほぼ間違いありませんが、使いたいAndroidアプリがあるのなら、
11.6型にしておくのが無難でしょうか。

まとめ Chromebook Flipの新モデル2017年8月

個人で購入するときに3サイズで出そろいますと、
ディスプレイサイズで選ぶことになりそうですが、
10インチはメモリ2GBでストレージ16GBと
スペックは最下位で劣るものの、900gですので、
この中では最も小型軽量。
外出先へ持ち歩くことが主な目的なら10型か。

11インチと12インチはメモリが4G。

12インチは、画面解像度も1,920×1,080で、
記憶容量も64GBあるので、スペック最上位。

今の時代で言いますと、スマホやタブレットに比較して
Chromebookは重い大きいということになりますから、
自宅や職場でも使うことも考えれば、お値段も高くなりますが、
スペックで有利なモデルを選ぶのがよいかもしれません。

低価格パソコンとしてアメリカでヒットしたChromebook。
日本ではWindowsタブレットが低価格化し、
いまいち普及しませんでした。

ChromebookがGooglePlayに搭載されることがGoogleから
発表されて話題になりましたが、

ChromebookにAndroidアプリを導入するとGoogleが発表

改めて考えてみますとGooglePlayが使いたいのなら、
素直にAndroidタブレットを買えばよいわけで、
Windowsノートパソコン、Windowsタブレットにも挟まれて、
Chromebookの新モデルとしては、
どういった層の需要に対してニーズがあるのか注目されます。

キードード部分があるのがChromebookの特徴ですが、
このASUS Chromebook Flipに関して言えば、
そのキーボード部分を360度回転してタブレット型にも
変形できるのが特徴ですから、
多少重くはなりますがタブレット形式で使うことも可能。
ディスプレイはタッチパネルでも操作可能。

Google Play目的でChromebookを買い替える方、
もちろん初めて1台目のChromebook購入であっても、
すぐにGoogle Playを使いたいのであれば、
上記にも記載しましたが、
11.6型のChromebook Flip C213NAを選びましょう。

なお、8月中旬からの発売は法人モデルのようで、
個人向けは2017年9月上旬頃となっています。
予約受付中。

10.1型1,280×800(Google Play対応予定)
ASUS Chromebook Flip C101PA (C101PA-RK3399・シルバー)

11.6型1,366×768(Google Play対応済み)
ASUS Chromebook Flip C213NA(C213NA-N3350・ダークグレー)

12.5型1,920×1,080(Google Play対応予定)
ASUS Chromebook Flip C302CA(C302CA-F6Y30・シルバー)

関連記事

Chromebook「Spin 11」発売2017年8月
Chromebook Flip C100PA 簡易レビュー(動画・写真あり)
ASUS Chromebook Flip C100PA
Chromebook上でGoogle Playアプリ利用のデモ動画
Chromebook C300SA、C201PA 新型クロームブック2016年6月



スポンサーリンク